川合塾からのお知らせ

「時間」とは有限である。
万物にとって、時間というものは平等に流れていく。

そして、「生」の瞬間から「死」に向かって時間は流れていき、止まることなく段々と失われていくのである。

そんな貴重な「時間」を何に費やすか、これによって人生においての充実度とは変わっていくものである。

つまり、何が言いたいか。



「そう、体操部へ入ろう。」

絶対に損はさせない。
他のどのスポーツと比べても魅力のあるスポーツであり、様々な能力を培える。
それは社会に出てからも必ず生きる。

それを証明する式は100パターンぐらいあるのだが、それを提示したところで意味などない。
なぜなら、体操とは言葉ではなく身体を使って行うものだからである。
言葉ではなく、実践で語ろう。
我々はいつでも待っている。
特に、火・木は17時からバク転講座を開いて待っている。

あなたの大切な「時間」、決して無駄にはしない。

以上、東北大宮教大体操部系列予備校川合塾・塾長 川合からのお知らせである。

この記事へのコメント